剣道の理念

『剣の理法』とは、その名の通り剣(竹刀)を使うことによって学ぶ技術的な理論、礼法や所作を含めた考え方のことです。
単に剣の技術を学ぶだけでは、その剣は相手を傷付けるだけにすぎません。
礼法など、相手を尊敬し思いやる気持ちも同時に学ぶ必要があります。
その『剣の理法』を学ぶ過程で、人間として成長し、立派な人間になることを目指すのが剣道であり、それを1行にまとめたのが『剣道の理念』になります。

剣道修練の心構え

↑ ページの上部へ